エステメニューの特徴

ニキビや皺、たるみ、老け顔といった顔の悩みはエステサロンのフェイシャルメニューを利用することで、その悩みを解消できます。ではエステサロンのフェイシャルメニューの特徴とはどのようなものなのでしょう。

間接照明エステでのフェイシャルメニューは、フェイシャルトリートメントを使った施術になります。これを使うことで、肌に負担をかけず、なおかつリラクゼーション効果も得られるのです。肌の天敵は、紫外線や乾燥もありますが、意外とストレスが関係してきます。エステサロンでの施術は、間接照明などを使った非日常的な空間でアロマオイルの心地よい香りに包まれながら行うところが多いのは、リラックスでき、日頃のストレスを忘れる狙いもあるのです。

エステサロンでは、ハンドケアと呼ばれる人間の手のひらを使った施術を行います。人工的な温度ではなく、体温という自然のぬくもりによって、リンパや血の流れが促進されていくのです。もちろん、美容機器も使い、角質の除去や美肌成分の補充なども行ってくれます。エステサロンのフェイシャルメニューは、人間が本来持つ肌の再生力、つまりターンオーバーを正常にする働きを持ちます。スキンケアとリラクゼーション。この2つがエステサロンの大きな特徴と言えるでしょう。